22
4月
2013

業界の将来性と今後の動向について

貸金業は、一見するとダークなイメージが付きまとう印象がありましたが、二度に渡る貸金業法の改正によって、業界の健全化に着手したばかりです。
最近では、多くの消費者金融が統合や編成、廃業、倒産等に追い込まれた事態になったのは言うまでもありません。

そして、一度ヤミ金といった判断がなされると貸し付けた金額でさえも、返済しなくても良いとする消費者を守る法律も生まれたことによって、ヤミ金自体を営む理由が見当たらなくなったのです。

大手でも、過払い問題も発生していることによって、それが経営環境を悪化させたことは周知の通りです。
このような状況にあり、消費者金融業を営む企業も減少して、一部の銀行系の資本がある大手の企業か中堅クラスの企業でしか生き残れない状態となりました。
また、消費者金融であれば、貸し付ける前に事前に利用者の年収を証明する書類の添付を義務付け、総量規制をひく体制になったのです。
よって、定職が無い人やフリーター、主婦といった人は、ほとんど借りることが出来なくなったのです。
このことも多重債務に陥った原因として安易に貸金業者側が貸付を行ったからだといった反省にたっているのです。
勿論、こういった施策によって、今後は多重債務者の数は激減することは考えられます。
貸金業界の健全化は進むはずです。

18
4月
2013

融資の審査に必要な書類 収入証明書

消費者金融や信販会社のキャッシングサービスを
利用するには、
融資の審査を受けなければなりません。
融資審査でOKをもらってから、
お金を借りる事でできるようになります。
融資の審査というと非常に厳格な
厳しい審査を連想されるかもしれませんが、
実際は常識的なレベルでちゃんと
返済する意思があるかどうかを調査するものです。

各金融機関はビジネスとしてお金を貸し、貸したお金を返済してもらうと同時に
貸したお金に金利を乗せて、
利息をお金を借りた人から受け取る事により利益を得ています。
ですから、ちゃんと返済する意思があり、そうできる人にお金を貸します。
それを調べるために、定期的な収入の金額を証明する書類の提示を求められるでしょう。
例えば、前年度の源泉徴収表や、現在の勤務先からの収入証明書です。

前年度の源泉徴収表は年度末の確定申告で税務当局に提出したため、
手元にないという方がおられるでしょう。
現在の勤務先からの収入証明書については、
キャッシングサービスを受ける事を職場に知られたくない方にとって、
収入証明書の発行を勤務先に依頼したくないという方もおられます。
そのようなケースでは、毎月の給料明細書の提示でも
融資審査の収入証明をクリアできるケースがほとんどです。

16
4月
2013

カードローンの最低金利と最高金利

「4.8%~18.0%」という金利が表示されているカードローンがあるとします。

なぜお金を借りるのに、こんなに金利の幅があるのか、不思議に思う人もいることでしょう。
そこでここでは、金利が決まる仕組みを紹介したいと思います。
お金を借りるためには、カードローン会社の審査を受けないといけません。
その審査によって、「この人は最高これくらいまで借りられますよ」という枠が設定されます。

それが、「限度額」というものです。
この限度額は、収入の多い人、安定しているほど高く設定される傾向にあります。
収入の少ない人、安定雇用されていない人は、低く設定されるのです。
同じ金額を借りたとしても、限度額の高い人の方が、限度額の低い人よりも低金利なのです。
限度額以外にも、実際にいくら借りるかによっても、金利が変わってきます。
100000円借りる人と、500万円借りる人とでは、どちらのほうが金利が高いと思いますか。
実は、100000円借りるほうが、金利は高く設定されます。
最低金利の4.8パーセントは、限度額の高い人が、多くのお金を借りる場合に設定される金利です。
最高金利の18.0パーセントは、限度額の低い人が、少ないお金を借りるときに設定される金利なのです。

16
4月
2013

消費者金融のビーンズ

消費者金融とは、金融機関の一つであり、主な事業内容としては、
個人に対するお金の貸付が挙げられます。
消費者金融は非常に多くの会社が存在しています。
今回はその一つである、ビーンズについて簡単に説明します。
ビーンズは、インターネットキャッシングを扱っています。
インターネットでビーンズのホームページを見ると分かる通り、
インターネットでの申込みのみとなっています。
基本的な流れとしては、
インターネットでキャッシングの申込みを行います。
申込後に身分証明書などの書類をFAXで送ったり、
本人確認として自宅や勤務先に電話確認が行われます。
その後、審査が行われ審査結果の連絡がきます。
審査に通っていた場合、契約書類が郵送されてくるため、
記載後、必要書類とともに返送します。
そして、指定した口座にお金が振り込まれて、手続きが終了となります。
なお、ビーンズが提供している融資額は5~50万円となっています。
また、返済期間は1ヶ月~36ヶ月(1~36回払い)です。
これからビーンズに申込みを行おうとお考えの方は、申込みを行う前に、
一度ホームページに掲載されている注意事項や、
借り入れの条件などを確認してみることをお勧めします。

16
4月
2013

レディース向けの消費者金融の対応

消費者金融が女性をターゲットとしてお金を貸し出しをしているのです。
女性特有の金融商品の側面がありますが、
女性がお金を借りやすい環境を作り出しているのがレディースローンなのです。
今までの消費者金融は男性だけが利用するというイメージがありました。

消費者金融の店自体も雑居ビルの2階以降にあったり、
ドアだけのイメージでなかなか店内には入りにくかったのです。
そのため、
諸費者金融側は女性が入りやすいように店自体を大通りに面した所にしたり、
入り口を大きくして、外からでも見渡せるように明るくしているのです。
男性だけなく女性も入りやすいような店舗設計にしているのです。

それだけでなく女性だけが利用できるレディースローンの金融商品を用意して女性の顧客に対応しているのです。
特徴は女性が初めてお金を借りた時には利息を30日間0円にしたり、
科消費者金融によっては毎回7日間は利息0円になるなどの差サービスをしております。
またレディースローンの特徴は対応の窓口も女性にしたり、
フリーダイアルも専用にして、必ず女性が出るようにしていたりします。

消費者金融も男性だけを顧客とするのではなく、
顧客の幅を広げるたに女性に借りやすいようにしているのです。

02
4月
2013

カードローン、いくら借りられるか?

カードローンの利用をする予定なのですが、カードローンのデビューにも当たるので、
今は、まずいろいろ調べているところです。

今回は友人(恋人)から急に海外旅行に行かないか?と誘われて、
せっかくのチャンスだからこのチャンスを逃したくないのですが、
旅行のための資金が必要なので、
30万円程度のカードローンの利用を考えているのです。

自分の場合、きちんとこの必要な額を借りられるか?
まずは、心配になり、いろいろ調べてみることにしました。
インターネットで、カードローンの一般的な情報を調べてみました。
役に立ったのは、カードローンの比較サイトで、各社のカードローンの利率や、
限度額、審査方法等のカードローンの基本情報や、
金利や口コミの情報も調べることができました。

自分の場合、何とか審査を通過して必要な額を借りることもできそうなことがわかり、
ちょっと安心できました。
何故ならば、年収の3分の1まで融資を受けることができるという総量規制に対しても
今回の希望額は問題ありませんし、
カードローンの各金融会社が提示している上限と比べても
問題がないということがわかり、まず大丈夫だろうと自分なりに理解できたのです。
早速、口コミの一番よい消費者金融にて
カードローンの審査申請を行いカードローンを利用したいと思っています。